仕事中に取引先があるシンガポールより電話があり、たまたま私が出た。内容は上司にしか分からないもので、私にはどうしようもなかった為、上司に繋ぐ旨を伝えて保留にした。
しかしながら、上司はあいにく離席しているらしく、また私が電話に出る形になり、通話相手に「I am afraid he is not available right now. I have no idea where he is but sure he is in this room.」と伝えた。
その後、伝言としていくつかの内容を代わりに聞き、
最後に何か分からないことがあればメールを送って欲しい、と言うことだった。タバコか何か分からないが、通話相手にものすごく申し訳ないと感じたので、最後に私から「I will tell him it's emergency and he needs to  get back to you as soon as possible.」ともう合ってるかどうか分からないが頭に出てきた文章をそのまま口から出した。
Thank you you it's very kind of you.
これがいわゆる「paid off」なのか。
とっても焦ったが、報われた気持ちになれた。
もっともっとアウトプットの練習をしなければ、海外からの電話を取る度に汗だくになり痩せてしまう気がする。